7月に入り、いよいよ富士山の山開きを迎えました。

7月10-12日に、今シーズン1回目の夏富士ガイドで富士山に登ってきましたので、写真付きで2017年の山開き情報をレポートします。

 

●富士山頂浅間大社奥宮の改修工事が完了

2011年の富士宮を震源とする地震により、被害を受けていた奥宮の改修工事が2014-2016年の3年間で行われていました。

昨夏には既に新しい拝殿に参拝することが可能でしたが、その工事の締めくくりとして、今年の7月11日に奥宮前の鳥居が新しくなっていました。

<参考情報>

浅間大社奥宮、改修が完了(2016/8/3)-静岡新聞

富士山頂浅間大社奥宮建設工事(3年間の歩み)-株式会社マルダイ

富士山頂の鳥居、76年ぶり建て替え 夏山登山客を迎え入れ2017/7/10-静岡新聞


前日に古い鳥居が撤去され、7月11日に新しいものが設置されていました。

●富士山頂郵便局が移転

浅間大社の改修工事に伴い、銀命館で仮設営業を行っていた富士山頂郵便局が、今夏から元の場所である奥宮拝殿横に戻りました。


リニューアルした富士山頂郵便局、中も綺麗になりました。


今年の開設期間はご覧の通りです。


山頂郵便局、今年のラインナップはこんな感じです。

 

●山頂の残雪状況

今年は例年に比べて少し積雪が多く、降雨量が少ない影響もあって山頂にはまだまだ雪が残っています。

そのため、山頂周回ルート(お鉢巡り)が未だに一部区間が開通していません。

<参考情報>
山頂周回線歩道(通称:お鉢めぐり)の部分開通について(2017.07.10)-富士登山オフィシャルサイト


剣ヶ峰周辺の写真(2017年7月11日撮影)

 

残雪の多くは火口の内部で、登山道上にはほとんどないのですが、剣ヶ峰から写真右側に下っていくルートがまだ残雪に覆われています。

この部分の残雪が完全になくなるのは、降雨状況にもよりますがあと1週間ぐらいはかかるのではないかと思います。

登山道が雪に覆われた箇所はそれほど長くないですが、写真を見て頂くと分かるように、もし、雪の上でスリップしたら火口に落ちてしまい重大事故になります。

安易に通行止め区間に立ち入らないようにお願いします。


吉田口山頂付近から見た剣ヶ峰

 

この富士登山オフィシャルサイトでは、登山道の最新情報や気象に関する注意報・警報などの情報も確認できますので、是非、登山前にチェックしてから入山することをオススメします。

今年も皆さんが、安全に富士登山を楽しめることを願っています。